憧れの白い歯になる!『セレック治療』とは?

2019年7月31日

芸能人のように白い歯になってみたい!

自分を撮った写真を確認してみたとき「なんか歯がキレイじゃないな…」と思ったことはありませんか?芸能人やインスタグラマーなど、洋服のコーディネートなどオシャレに気を使っている人は、歯まで気を使ってホワイトニングをしている方が多いのは事実です。「ホワイトニングに憧れはあるけど、一体どんな治療だろう?費用は?」いろんな疑問があると思いますが、少しずつ知識を得て、安心して挑戦してみましょう!

セレック治療とは?進化している審美歯科

ホワイトニングは基本的に自費治療(保険が利かない治療)です。かなり高額になるんじゃないかと不安な方も多いのではないでしょうか。その中でもひとつの案として『セレック治療』というものがあります。例えば、今の歯に詰めている銀色の詰め物。笑った時などキラリと光り、気になることもあると思います。そういった時に活躍するのがセレック治療。今までの治療のように、歯の型取りをして数日後銀歯が出来上がる…そんな工程を踏まずに、3D光学カメラでスキャンし数十分後にはセラミックの白い詰め物が出来上がっている!そんな最新技術の仕組みなのです。いわば、歯科業界の3Dプリンターのようなイメージですね。

セレック治療はまだ進化中です

今ご紹介したセレック治療ですが、まだ進化中の治療です。どうしても出てくるデメリットを、様々な大学の研究者や教授たちが改善しようとしています。一例として「割れやすい」というものがあります。セラミックで作っていますが、奥歯などの負荷が大きくかかる部分の補綴としてセットすると力に耐えきれずに割れてしまうことがあるのです。こういったデメリットを改善していき、いつか保険治療の分野になるのを期待したいですね。

コンピュータが制御することにより、歯の修復物を設計及び製作するシステムのことをセレックと言います。従来のような歯型を取る必要がないので、治療時間が短縮されます。